松坂大輔投手(ボストン・レッドソックス)、高地もなんのその〜第3戦

松坂大輔投手ボストン・レッドソックス)、ワールドシリーズの第3戦で、日本人初の先発登板しましたね。

松坂投手は、6回途中まで投げて2失点。


現在7回で6−2でレッドソックスがリードしています。


松坂大輔選手自身も2打点をあげ、標高1600メートルクアーズ・フィールドは、高地もなんのそのですね。


標高が高く、空気が薄い状態をどう英語表現できるでしょうか。


     thin air


直訳ですね。るんるん


でも、日本語を英語に直訳しても全く通じない場合があるのでお気をつけください。


Yahoo!ニュース
松坂3連勝王手へ「全力尽くす」
松坂3回無失点、自ら2点適時打=レッドソックス6点リード−大リーグWS第3戦
2007年10月28日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62948819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。